ケーキ_結婚披露宴

結婚披露宴でメッセージカードを作成するということ。

結婚披露宴を行うにあたって、決めなければいけない事が山のようにありました。
引き出物はどうするのか、ペーパーアイテムはどうするのか、演出はどんなものにするのかなど、本当に決めることが多くあるものです。
しかし決めることが多くある分、それぞれのオリジナルな結婚披露宴が作られていくのだとも思っています。
私自身が披露宴で行ってよかったなと思える事のひとつに、メッセージカードがあります。
結婚披露宴は、意外と主役と招待客とがゆっくりと話が出来ないものです。
一対一でお礼を言いたくても、なかなかそんな機会が訪れずにあっという間に終わっていくのです。
そこで、事前に一人ひとりにメッセージを作成して封筒に入れ、テーブルの上に置いておいてもらうことにしたのです。
一人ひとり、これまでの思い出や感謝の言葉、そしてこれからのことなど、その人のことを思い、その人の為だけに作成したメッセージカード。後日、友人からは好評を得ました。
「嬉しかったよ」と言われたり、「開始前から泣いちゃったよ」なんて言葉までもらい、こちらまで嬉しくなったものです。
披露宴は開始までの時間や、お色直しの時間など、意外と主役が居ない時間も多いものです。
そんな中、披露宴開始までの時間も、招待客の方々にほっこり楽しんでもらえる演出だったのではと今でも思っています。
また、新郎友人には夫がもちろん作成したのですが、下段に妻である私からも一言書かせてもらいました。
何度かお会いした事がある方ばかりだったので、これからもよろしくお願い致しますという思いを込めて。
これは必然的に、夫婦となる意識が高まっていくものとなりました。
結婚式の準備は、意外と時間も労力も使って大変なものです。
でも、その時間の合間を縫ってでも、披露宴に参加していただける感謝の気持ち、そして、これからもよろしくねという気持ちを込めて、ゆっくりと文章を作成してみるのいいものです。
結婚式自体ももちろんだけれど、準備期間も幸せな時間です。
その幸せな時間を使って、皆さんへの感謝の気持ちをいつまでも忘れない為にも、カードを作成してみるのもいいと思います。
私は、自分の人生を振り返る良い機会にもなったし、「本当に結婚するんだ」とい実感できる機会にもなりました。
ですからこのメッセージカードの作成は、招待客の方々への感謝はもちろんの事、自分の為にもやってよかった演出だったと思っています。
メールが主流となっている今、披露宴という特別な舞台くらい、あえて手書きのメッセージを心を込めて書くのも、たまにはいいものだと思います。


Copyright(C) Good!! All Right Reserved