ケーキ_結婚披露宴

私たちがこだわった結婚披露宴の料理内容とは

私たちが結婚したのは、今から数年程前の話になります。
その際、結婚披露宴で一番こだわったのが、お料理の内容です。
私たちがこだわった理由と、その内容をご紹介したいと思います。
まず私たちが披露宴会場として選んだのは、ホテルでした。
所謂、外資系のシティホテルだった為、提供される料理のプランもそれなりに値段がするものでした。
コースは和食コース、イタリアンコース、フレンチコースから選べましたが、どれもしっくりくるものはなかった為、イタリアンコースとフレンチコースから好きなものを選ぶといった形をとりました。
私たちが結婚式を挙げたのが、残暑の季節でしたので、あまり重くなくそして満足いくボリューム感を出すようにしました。
まずアミューズでは、魚介類を使用したジュレを選びました。
見た目の華やかさと、ジュレの涼しげさがこの季節にぴったりだろうと考えました。
次に前菜として温野菜をつかったカナッペを選びました。
温野菜の色どりのよさが引き立つかわいらしい前菜で、これに関しては迷いなく即決しました。
次にスープ選びです。
元々コースの中で設定されていたスープは、甲殻類のビスクといった少しクセのある上に、重厚なお味のスープしかありませんでした。
個人的には甲殻類のビスクは、白ワインにも合うしとても好きなのですが、やはりこのような場面では万人受けする方が良いと考え、コースの設定になかったコーンスープにしてもらいました。
コーンスープは、コーンの自然な甘みで誰にでも好かれるスープです。
また冷めてしまっても、冷たいスープとして楽しめる味ということを考えれば、コーンスープが適切だと考えました。
続いて、お魚です。
お魚には比較的迷いはありませんでした。
真鯛のポアレです。
ソースはクリームソースでもよかったのですが、スープがコーンクリームスープでしたので、あっさりと香草焼きにしてもらいお好みでトマトソースをかけるといったスタイルをとりました。
最後にメインディッシュです。
スタンダードの肉はティスティングした際、全て食べ応えのあるお肉でしたが、お年を召した方だと、少し食べづらいかもしれないと考えました。
お肉をランクアップするとかなり金額がかさみますが、ここは一生に一度の晴れ舞台ですので、招待客皆さまに満足していただけるように、柔らかい和牛を選択しました。
結果、これが招待客の皆さまに好評だったようです。
デザートは、すっと口にはいるアイスクリームをメインとして盛り合わせを選びました。
これが私たちがこだわったお料理の内容でした。


Copyright(C) Good!! All Right Reserved