ケーキ_結婚披露宴

結婚披露宴で自己紹介をするケースとは

新郎新婦の親、または親族として結婚披露宴に出席する場合には、結婚式の前に、全員で記念写真を撮る前くらいのタイミングで親族控え室において新郎側、新婦側に別れてまず新郎側から父親、母親、祖父母、兄弟姉妹、伯叔父、伯叔母といった順番で逐次自己紹介をします。
ただし父親がすべてを紹介してもよく、この点は式場係員から確認されます。
新郎新婦の両親は結婚式以前に顔を合わせているわけですから当然初対面ではありません。
兄弟姉妹においても初対面でないことが多いです。
しかし祖父母、伯叔父、伯叔母になりますと本日が初対面であることが多いです。
リラックスのなかにも真摯な態度が求められます。
この時自己紹介は簡略に行います。
まず父親の場合には、「新郎の父親です。本日は皆様お忙しい中ありがとうございます。」と続柄を述べ簡単にお礼の言葉を付け加えます。
伯叔父、伯叔母の場合には、伯父が新郎の父親の兄弟の場合には伯父の配偶者は伯母と表現しても、伯父の配偶者と表現してもよろしいです。
お年寄りまたは緊張しやすい方は時として間違った続柄を言ってしまうことがありますが好意的な笑いを誘うだけですから、落ち着いて言い直せばいいのです。
披露宴で挨拶をするときは司会者から新郎新婦との関係を簡単に紹介されますが、再度もう少し付け加えて自ら補足をします。
「ご紹介に預かりました何それというものです。」と聞いたことのある表現です。
会社関係の上司はあまり会社の説明に時間を取られないよう新郎新婦のことをエピソードを交え将来性豊かなどと付け加え挨拶をします。
友人は自分と新郎新婦との交友のエピソードなどのなかにさりげなく自分の説明をします。
興味が持たれる表現を心がけ、場が盛り上がる内容がよろしいです。
親が披露宴会場で親族、新郎新婦の友人など来客者を個別に挨拶に回るときにはお酌をするときに新郎の、または新婦の親ですと言います。
そのとき初対面であればお互いにきちんと挨拶をしておきます。
これ以外に自己紹介の機会と言いますと新郎側の親戚、友人等と新婦側の親戚、友人同士が該当します。
親戚においてはこれから新しい親戚の始まりとなりますのでできるだけきちんと挨拶しておきましょう。
友人同士にしても今後新郎新婦を通じて交友が始まるかもしれません。
披露宴で会ったのは覚えているがうろ覚えではいけません。
昨今では披露宴閉会後二次会を開催することがよく見られますのでこの時にお互い紹介し合ってもよろしいです。


Copyright(C) Good!! All Right Reserved