ケーキ_結婚披露宴

結婚披露宴の祝儀に包む金額の問題と祝福の気持ちの大切さ

私は結婚披露宴に招かれて祝儀を渡すことが多かったのが20代から30代にかけてでした。
仕事の同僚や大学時代の友人から招かれることが多かったです。
そこで問題になるのが祝儀に包む金額になります。
一般的に結婚式では割れるという数字を嫌います。
そのため2万円を包むことはタブーになります。
その当時として包む友人関係としての金額の相場が3万円とされていました。
5万円を包むことは招待された同僚や友人もいなかったです。
金額の相談は事前に招待された仲間内で相談していました。
特に仲が良かった友人や同僚には迷わず3万円を包んでいました。
しかも包む袋も事前に凝った物を購入して、友人として祝福しているという意味合いを込めて渡していました。
問題はそれ程仲が良くない仕事関係からの結婚式の招待になります。
結婚することは知ってはいたが、まさか招待されるとは思っていなかった場合です。
それは同じ仕事仲間も同様になります。
こうなると包む金額が招待された仲間内で問題になってきます。
薄給で働いていた当時としては3万円という金額は辛いものがありました。
しかも月に2件重なることも度々ありました。
仲間内で3万円は嫌だという結果にはなりましたが、1万円は少なすぎるということで2万円という数字で落ち着きました。
2万円は割れるという数字ですが、それにプレゼントをプラスすることにより結果として落ち着きました。
プレゼントの金額は一人3000円前後で、仲間全体で集めたお金でプレゼントを購入していました。
そして袋も一般的な物で渡しました。
今思えば、ちゃんと祝福してあげればよかったと思う気持ちがあります。
たった1万円のことで仲間内でこのような大騒ぎになったのか不思議に思っています。
その当時としては1万円は大問題だったのかもしれません。
月に2件重なれば6万円です。
少しでも抑えたいという気持ちが強かったのかもしれません。
さらに結婚披露宴に招かれて、その後結婚式の2次会にも参加されられる時には2次会の費用もいることになります。
特に仕事関係の場合は結婚式の2次会は強制参加のことが多かったです。
そういった意味で包む金額が問題になっていたのかもしれません。
その上に結婚式に出席する場合にはそれなりの身なりが必要になります。
髪のセットや衣類や小物や靴といった披露宴用のものが必要になります。
しかも若かったために同じ衣類や靴で何回も結婚式にすることはなかったです。
今思えは、そのような見栄をはる必要はなかったと思っています。
同じ衣類や靴やアクセサリーでも十分祝福することはできたと思います。
時を経て、経験を重ねることで結婚披露宴のご祝儀のあり方と祝福の気持ちが分かってくるのかもしれません。
現在では結婚式へ招かれることはなくなりましたが、今後招待されることがあった場合には、しっかり祝福の気持ちを込めたいと思っています。
それが結婚式のマナーではないかと思っているからです。
ご祝儀は最初に受付で渡すので受付を担当してもらう方は重要です。
結婚披露宴での受付をお願いする人はどのように選べばよいのかはこちらにかいてありますので参考にしてください。


Copyright(C) Good!! All Right Reserved