ケーキ_結婚披露宴

結婚披露宴で両親に向けての手紙

結婚式のクライマックスといえば新郎新婦が両親に宛てた手紙を読むことがとても有名ですよね。
私たち夫婦の結婚披露宴でもこの手紙を読むということをしました。
でも、ちょっとまわりと違うのは新婦が新郎の両親に、新郎が新婦の両親にとお互いがお互いの両親へ感謝の気持ちを伝えたのです。
担当してくれたウェディングプランナーさんは定番の自分の両親へ感謝の気持ちを伝えたほうがいいとアドバイスをしてくれたのですが、私たちは自分たちがいいと思う方法で感謝の気持ちを伝えたかったのです。
これから家族となっていく方へよろしくお願いしますという気持ちと、ご両親が大切に育ててくれたから私たち二人は出会うことができたのだという感謝の気持ちを伝えたのです。
これは彼の提案だったのですが、私たちはレストランを貸切にしてとてもアットホームな結婚披露宴を行ったのです。
そのため、最後に涙で終わってしまうのが嫌だったので、こういったかたちにしたのです。
それでも、手紙を読んでいる自分たちもご両親も、聞いてくれている参列してくれた方たちもみんな感動したと言ってくれました。
やっぱり、心からの気持ちって上手に言葉にできなかったとしても必ず相手に伝わるものだと思いました。
決してきれいな言葉を並べるわけではなく、飾らない本心を伝えてあげるということが重要です。
結婚式は、みんなそれぞれの形があっていいと思うのです。
これをしなければならないとか、ルールなどはまったくないと思うんですよね。
そのため、自分たちで考えて作り上げた結婚式のほうが数倍も思い出に残るし、来てくれた方たちの印象にも残ったと思います。
なかなか普段、感謝の気持ちを口にすることができないですよね。
特に大人になってしまうと恥ずかしさというか、照れくささも入り混じってしまって心の中では感謝をしているのにその気持ちを言葉でうまく伝えることが難しくなってしまいます。
でも結婚式は自分たちにとっても両親にとっても一生に一度のことです。
両親が大切に愛情を与えてくれたから、人を愛することができて結ばれるわけですから、きちんと気持ちを伝えなければ後悔してしまうと思うんです。
ですので、何らかのかたちで両親に感謝の気持ちを伝えることはとても大切なことだと思いました。
これから私たちにも子供ができて、結婚するときがくると思います。
そんなときに、子どもの心の中に自分たちへの感謝の気持ちがあったら幸せですよね。


Copyright(C) Good!! All Right Reserved