ケーキ_結婚披露宴

結婚披露宴の案内状のデザインについて

私は数年前に結婚式を挙げました。
身内だけで少人数で行ったので、結婚披露宴でのお料理のメニュー表や座席表などは私が手作りしました。
案内状も自分で作ろうかと思っていたのですが、そのときは妊娠もしていて、夫は単身赴任で近くにいなかったのでいろいろと忙しく、自分で作ることができませんでした。
ですが、式場の方がとても可愛らしいデザインの案内状を用意してくれたので、その案内状で満足しています。
自分で作ると、誤字脱字がないかなどすごく気になってしまうので、やはり式場側にお願いして良かったな、と思いました。
ゲストの住所と名前を伝えておけば、式場側でいろいろ手配して発送してくれるので、すごくやりやすかったです。
その他のメニュー表などは自分で作ったのですが、どれも好評で私が作ったということを親戚に言うとすごくびっくりしていました。
それくらいクオリティの高いものができたかな、と思います。
やはり、結婚披露宴は手作りのものがあるとなんとなく雰囲気が良くなると思います。
その手作りのアイテムきっかけに話が盛り上がることもあるので、自分で作ってよかったなと思いました。
あと、これは友達から届いた招待状の話なのですが、すごく女の子らしくて可愛らしい友達が結婚するときに、すごくクールでかっこいい感じの和風の招待状が届いてすごくびっくりしたことがあります。
イメージとギャップがあったのでびっくりしたのですが、そのデザインがすごくおしゃれで年配の方にも好まれそうなものだったのでいろいろ考えて選んだデザインなんだろうな、と感じました。
逆にそんなギャップがある方がすごく印象的で素敵だと思いました。
他にも、面白い雰囲気の招待状や、可愛らしいデザインのものなど、今までにいろんな招待状を受け取っていますが、どれも個性的でその人の良さが出ているものばかりだと思います。
一番最近受け取ったものですと、真っ白ですごくシンプルな招待状なのですが、名前が手書きされていて、その文字がとっても綺麗で迫力がありました。
真っ白なデザインにきれいな字が書かれていて、とても素敵だな、と感じました。
私が送ったときはすべて名前などはパソコンで印刷したのですが、やはり手書きはすごく温かみがあっていいな、と改めて実感しました。
私もそんな風に、綺麗な文字が書けるようになりたいです。
招待状はそれぞれの良さがあって、見ているととても面白いです。
これから先もいろんな招待状が届くことを願っています。 結婚披露宴の手作りアイテムはキットなどが売っているので、そういったものを使えば初めての方もうまく作れると思います。
完成度も大切ですが、なにより気持ちをこめて作ったものをもらう側は喜ぶでしょう。


Copyright(C) Good!! All Right Reserved