ケーキ_結婚披露宴

結婚披露宴でのサプライズは、相手のことも考えて

自分の結婚披露宴で、サプライズの演出をしました。
これから挙げる人は世界各国の結婚披露宴事情も知っておくと日本では少し変わった演出などもできて、
招待した人たちの印象の残る素敵な思いでも作ることができると思います。
歓談中に司会者が各テーブルを回り、各テーブルでひとりずつにその場でスピーチをお願いするというものです。
飾らない素のスピーチが聞けるかと期待して、このような演出をプログラムに組み込みました。
あらかじめ、各テーブルで誰にスピーチをお願いするかは、新郎新婦から司会者の方に伝えてありました。
新郎新婦と縁が深かったり、人前で話すことに慣れていそうな人、話し上手な人、あがり症でない人などの条件でピックアップしました。
司会者の方も、うまくお願いするから大丈夫ですよと自信ありげでした。
当日、スピーチの時間がやってきました。
突然マイクを向けられたにも関わらず、がんばってスピーチをしてくれる人、あらかじめ考えていたとしか思えないような気の利いたことを言ってくれる人、涙ながらに祝福の言葉をくれる人など、とても楽しくスピーチをしてもらうことができました。
ですが、一人だけ問題が発生してしまいました。
事前に言っておいてくれればちゃんと考えておいたのに、と怒り出してしまった方がいたのです。
司会者の方が懸命になだめてくださり、なんとかスピーチをしていただくことができましたが、会場には微妙なムードが漂い、新郎新婦は冷や汗ものでした。
年配の方だったので、ある程度場数を踏んでいてソツなくこなしてくれそうだと期待してお願いしただけに、その反応は予想外のものでした。
披露宴のあと、その方には改めて謝罪をしました。
サプライズの演出は、当日ふたを開けてみるまでどんな風になるかわかりません。
シミュレーションとはまったく違う形に転がっていくことも充分考えられます。
特に新郎新婦だけならまだしも、列席者を巻き込んだ形での演出となると、うまくいく可能性はぐっと下がってしまいます。
結婚式場のプランナーさんや司会者さんがいくら大丈夫と言っても、毎回必ず大成功するとは言えないのが怖いところです。
一生に一度の結婚披露宴ということで、新郎新婦も浮かれていた部分があります。
誰かに突然何かをお願いするという形の演出は、もし自分が頼まれる立場だったらということを熟考した上で取り入れるべきでした。
また、内容までは伝えなくても、当日何かあるかもしれないから心の準備をしておいて、くらいは匂わせておいてもよかったかもしれません。
自己満足にならず、相手のことも考えた上でのサプライズ演出にすべきだったなと思いました。 こちらに実際にあった感動や泣ける結婚披露宴の内容が紹介されています。 どんなストーリーになっているのか是非ご覧ください。


Copyright(C) Good!! All Right Reserved